CD背帯整理

仕事から帰り、今日も片付け整理。

今日はCDの帯を整理。芝居の半券同様捨てられないのがCDの「背帯」。

CDを一番買っていたのは1990年代。R&B、POPS、レゲエなど日本の個性的な女性ボーカルが最も多く輩出した時代。
タワーレコードやHMVには目利きの店員がいてそれぞれの一押しはやがてメジャーデビューしていった。一番の出世頭はMISIAだろう。新宿のHMVでデビューの「つつみ込むように…」を試聴したときの衝撃といったらなかった。ついに日本にも本格的なソウル・ディーバが登場したと胸がときめいた。しかしメジャーになると興味を失ってしまうのが悪い癖。MISIAは興味の対象外に。常に新しい人を追いかけたかった。

 簡単にスクラップに整理出来ると思ったら700枚近い「帯」。根を詰めたがギブアップ。残りは明日。こうして帯を見ると亡くなった人もいるし、その後お友達になった人もいる。帯に歴史あり。

るり、エゴ・ラッピン、BA‐JI、小原明子、ニッキー&ウォーリアーズ、松本英子、五十嵐はるみ、麻波25+MIE、酒井麻友子、うめきち、傳田真央、高宮マキ、唐沢美帆、露崎春女、TYLER、コークベリー、有里知花、ラリーパパ&カーネギーママ、鈴里真帆、ピチカート・ファイヴ、カルカヤマコト、葛谷葉子、ミス・マンディ、Neo、MrieM、Aco、ラヴ・タンバリンズ、レヨナ、野本かりあ、Tee、ビーチェ、橘いずみ、マキ凛花、コーザ・ノストラ、ソウルラバーズ、KEICO、ヒロン、PITCHER56、SAKURA、ミスゴブリン、MINMI、勝野慎子、石原千宝美、入日茜、ヒロミック・ラダー、YOSHIKA、ルーシー・ヴァン・ペルト、ハンバート・ハンバート、AI、MIKIKO、ドーリス、ゴーグルエース、GO!GO!7188、倉橋ヨエコ、奥村愛子、朝日美穂、勘解由友見、歌姫楽団、ドライ&ヘビー、東川亜希子、オレンジペコー、山本美絵、嶋野百恵、Bird、Tina、KAAANA、つしまみれ、akiko…。

<今日の半券>

サラリーマン新劇喇叭屋第10回公演「マジカルヒステリーツアー」@新宿シアタートップス(1990年)

ラッパ屋に改称してから観た第17回公演「腹黒弁天町」(1994年)が最初かなと思っていたが、喇叭屋の時に観ていたんだ。忘れていた。
「腹黒弁天町」以来、ラッパ屋の大ファンになり今日に至るというわけだが、コロナ禍による四月公演中止は残念だった。

<本日の映画&ブック>

『魚が出てきた日』(英・ギリシャ共同製作。原題『THE DAY THE FISH CAME OUT』)。本はそのノベライズ。

1967年公開の反核ブラックコメディ。昔は「博士の異常な愛情」とカップリングでしょっちゅう名画座にかかっていた。
1966年に起きたアメリカの原爆搭載機がスペインの観光地に不時着したパロマレス事件を基にしている。
舞台はギリシャの観光地カロス島。アメリカの原爆搭載機が墜落、積んでいた核物質が行方不明になる。緊急脱出した搭乗員、観光団に変装し、秘密裡に核を回収しようとする米軍、宝物だと勘違いして箱をこじ開けようとする羊飼いらが箱の争奪戦を繰り広げる。
一方、古代遺跡が発掘されたため、島は時ならぬ観光ラッシュ。遺跡調査の学者(キャンディス・バーゲン)が島を訪れる。
核物質は無事に回収されるのか。
 事実を知らされず踊り狂う観光客たち。
 海では魚が…。
 放射性廃液を海に流そうとしている日本。まるで映画を地で行っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント