映画「斬られの仙太」

 仕事を終えて税務署へ。この前の申告の訂正。データが残っているかと思ったら、「消去するので残っていません。最初からデータを入力してください」と。担当した若い男性はせっかちなようで、自分で数字を入力したりする。慌ただしい。 結局、控除額が大幅に変わるのだが、源泉徴収分以上は還付されないから、訂正しても還付金は同じ。 去年とかなり違うの…
コメント:0

続きを読むread more

Ammo×シアター・ミラクル 番外公演「桜の森の満開のあとで」

 14時、新宿。強風。  シアター・ミラクルでAmmo×シアター・ミラクル 番外公演「桜の森の満開のあとで」(脚本・演出=南慎介)  初めて観る劇団だ。難波利幸さんにお誘いを受けての観劇。  近未来、海沿いの架空の町、人口10万の「安宅市」の大学、ゲンジ大学政治学科タケカワゼミ研究室。  ゼミ生の卒業試験として、市民…
コメント:0

続きを読むread more

iCloudのドライブ移動

休みの日はパソコンの整理。 iPhoneとiCloudを同期させて写真・動画をiCloudに保管しているのだけど、iCloudデフォルトのCドライブが容量を圧迫して、残りが80ギガしかない。フォルダがレッドマーク。  調べると結構それで困っている人がいるようで、Cドライブの保管場所をDドライブに移行する方法が載っている。しかしコ…
コメント:0

続きを読むread more

ヴェロニク・サンソンの「How Many Lies」

 土曜に家にいるなんて何年ぶりか。 午後、川島雄三「雁の寺」を観る。じっくり観たのは初めて。有名作品ほどそんな傾向。大傑作。  寝しなにヴェロニク・サンソンの「How Many Lies」 を聴く。石川セリさんのカバーアルバム「NEVER LETTING GO」の中でもっとも好きな曲。
コメント:0

続きを読むread more

HBCトップ20と白馬康二さん

中学の時、下校してラジオのヒット曲番組を聴くのが楽しみだった。 五時から始まるHBCラジオの「トップ20」。当時北海道で知らない人はいない絶大な人気を誇ったアナウンサー白馬康二さんのDJで洋楽と邦楽のベスト20を発表した。 1968年から69年にかけて聴いた洋楽。ラジオは5球スーパー。雑音混じりでもちろんモノラル、それでも当時聴…
コメント:2

続きを読むread more

ストーンズマスク

アメリカに追随して安倍晋三が非常事態宣言を出したら、日本人はパニックを起こすかもしれない。 トイレットペーパー、マスク、米、納豆騒ぎを起こす国民性。キャッシュレス時代とはいえ、不安に駆られた預金者が銀行に殺到して取り付け騒ぎになる事も絵空事ではない。 ファミレスに行ってアルコール消毒を求められたが、アルコールの刺激に肌が弱い…
コメント:0

続きを読むread more

駒塚由衣・江戸人情噺シリーズ「河村瑞賢」「姫かたり」(19時~21時)

三ノ輪から徒歩15分。吉原の中江別館金村で駒塚由衣江戸人情噺二本立て。  昼公演で一緒だったみやなおこさんと待ち合わせ。初めて行くというので道案内。みやさんと吉原を歩いているとまるで同伴出勤(笑)。  心なしか吉原の歓楽街も寂しげな様子。    駒塚由衣・江戸人情噺シリーズ、今回は「河村瑞賢(かわむらずいけん)」と「姫かたり…
コメント:0

続きを読むread more

T-works第3回公演「愛する母、マリの肖像」

14時、赤坂レッドシアターでT-works第3回公演「愛する母、マリの肖像」 (脚本=古川健・劇団チョコレートケーキ、演出=高橋正徳・文学座)  ウランやトリウムからの放射現象を発見し、これに「放射能」と名付けたことで有名なキュリー夫人。彼女の娘たちの視点から母親の公私の生涯を描いた作品。  事前に舞台情報を調べていなかった…
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画「わたしは分断を許さない」

恵比寿での打ち合わせの前に東中野ポレポレでドキュメンタリー映画「わたしは分断を許さない」を観る。 ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追った「分断」された世界。シリアの難民キャンプ、パレスチナのガザ、北朝鮮の平壌、そして基地問題に揺れる沖縄、福島の生業裁判。冒頭は香港の民主主義を守るためのデモ。交通警官が丸腰の1人の若者に向かっ…
コメント:0

続きを読むread more

記憶

記憶というのは不思議だ。  9歳の頃、何かの拍子に母が父に向かって「私と結婚する前、あの人のことが好きだったんでしょう(標準語翻訳)」と言ったのを思い出した。 「父が好きだった」というのは父の同級生で早くに夫を亡くし(?)駄菓子屋をやっている人だった。母も冗談半分だっただろうけど、その日以来その駄菓子屋に行ってその人と顔を合わせるの…
コメント:0

続きを読むread more

こまつ座の「きらめく星座」

 13時、サザンシアターでこまつ座の「きらめく星座」。時節柄、客席の沈鬱な雰囲気の中、並びの席の大谷亮介さんのよく響く笑い声にホッコリと気持ちが和んだ。 初日から休演が続き、カーテンコールも固い表情の役者が多いのは仕方ないか。 井上ひさしの大傑作なので何度見ても新しい発見がある。 戦時中の物資不足でとにかく行列に並んでしまう習…
コメント:0

続きを読むread more

原発プロパガンダ映画「フクシマ50」

事実誤認、意図的捻じ曲げ、原発プロパガンダの「フクシマ50」に次々と批判の声。 佐野史郎が「首相」を演じるというだけでこの映画がいかに民主党政権に悪意を持った映画かがよくわかる。 沖縄の良心、津嘉山正種さん、反骨の系譜、佐藤浩市など、こんな映画に利用されて忸怩たる思いだろう。 この映画に関しては怒りと憎しみしか持てない。了見が狭い…
コメント:0

続きを読むread more

確定申告

12時20分、レイクタウン到着。番号札をもらって順番待ち。378。その間にラーメン食べてドーナツ屋さんでコーヒー。大量のドーナツを買って持ち帰った前のお客さんが2組とも「PayPayで」と言ってカード支払い。PayPayってそんなに普及してるんだ。  1330に呼び出し。 1時間で確定申告終了。去年の書類があるから、順調に進む。…
コメント:0

続きを読むread more

中止になった公演に損失補てんを

コロナ禍で中止になった劇団の損失は小さなユニットでも百数十万円から数百万円。もちろん億単位の損失を出したところもあるだろうけど、元々赤字か収支トントンのユニットや小さな劇団は自転車操業。劇場が閉鎖されて中止になったら稽古場代やスタッフ費用が丸々残る。 今回の損失を補填するためには次回公演も諦めなければいけないだろうし、演劇公演そのもの…
コメント:0

続きを読むread more

フクシマ50の虚妄

経験値もエビデンス(根拠)の一つになる。  昔、赤塚不二夫の漫画だったかな、しつこく「富士山が日本一高いという証拠を見せろ」とか「地球が太陽の周りを回っているのを見た事があるのか」と「証拠」を出せと迫るうるさいヤツに、「世の中には証拠を示さなくてもはっきりしてる事がある。それを常識って呼んでるんだ」と主人公が言ってる場面があったな…
コメント:0

続きを読むread more

赤線地帯

演劇中止が相次ぎ、ポッカリ空いた時間。きょうは無名塾の「タルチュフ」の予定だった。  仕事を終えて角川シネマで溝口健二監督の名作「赤線地帯」。4Kデジタルリマスター。 若尾文子映画祭の一本。 大年増の娼婦に扮する三益愛子、神戸から来たアプレ娘・京マチ子、金に執着するドライな若尾文子、結核の夫を抱えた木暮実千代…置屋の女将の…
コメント:0

続きを読むread more

ウソ歌

雨の日曜日。 傘をさしてソラを散歩させながら口をついて出るのは「雨がシトシト日曜日 僕は一人で 君の帰りを待っていた」というタイガースの「モナリザの微笑」。 雨に濡れてしまうから、いつものコースを短縮して家路に。 「どんなに遠く離れていても ママンはソラを忘れはしない」と替え歌をソラに聴かせる。ママが待ってるから早く帰ろうと。 …
コメント:0

続きを読むread more

きょうろん

文科省副大臣が「教諭(きょうゆ)」を「きょうろん」と読んだとは。 65歳、今までどんな教育を受けて来たのだろう。早稲田の名が泣く。どこから入ったのか。 こんな人でも文科省副大臣になれるんだ。 首相が日本語まともに読めないからといって下までこんな人ばかりの自民党。
コメント:0

続きを読むread more

鵺的「バロック」

14時30分。下北沢ザ・スズナリで鵺的「バロック」(作=高木登、演出=寺十吾) コロナ禍でどこも虫食いのように空席が目立つ演劇界だが、いつも通りの満席で賑わいを見せる鵺的。若い女性客が多数を占めるからだろう。  今回は取り壊しが検討される旧家・御厨家を舞台にした鵺的版アッシャー家の崩壊。  語り手は御厨美貴子(笹野鈴々音)。 …
コメント:0

続きを読むread more

日本オペレッタ協会「伯爵家令嬢マリツァ 全2幕」

王子、北とぴあ・つつじホールでNPO法人日本オペレッタ協会「伯爵家令嬢マリツァ 全2幕」(総監督=田代誠、構成・台本=寺崎裕則、訳詞=滝弘太郎。演出=川端槇二) ​  創立42年のオペレッタ協会が次世代の俳優育成のために行う公演。初舞台の人もいるとか。  NLTの川端槇二の演出で芝居部分も生き生きとしていた。  ウィーンの貴…
コメント:0

続きを読むread more

映画「星屑の町」

コロナ禍の中、池袋で芝居見た後、銀座に行って映画「星屑の町」初日。丸の内東映。 のんの歌う「新宿の女」「恋の季節」にノックアウト。 戸田恵子扮するキティ登場シーンはやっぱりオーソドックスに、 汽車から降りるキティ。顔見えず、足元アップ。カメラがなめて上半身へ。キティの颯爽とした姿、笑顔のアップ。…という西部劇のスタイルを踏襲し…
コメント:0

続きを読むread more

Pカンパニー第29回公演「京河原町四条上ル 近江屋二階 ~夢、幕末青年の。」

13時、池袋・東京芸術劇場シアターウエストで都民芸術フェスティバル参加公演、Pカンパニー第29回公演「京河原町四条上ル 近江屋二階 ~夢、幕末青年の。」(作・演出・構成=福田善之)    1867年(慶応3年)11月15日といえば京都四条河原町の近江屋二階で密儀中の坂本竜馬と中岡慎太郎が襲撃、暗殺された日。  襲撃者は誰だった…
コメント:0

続きを読むread more

TRASHMASTERS vol.31 「対岸の絢爛」

19時、下北沢・駅前劇場でTRASHMASTERS vol.31 「対岸の絢爛」(作・演出=中津留章仁) IR問題がテーマ。 統合型リゾート「IR」(Integrated Resort)とは、国際会議場・展示施設、ホテル、ショッピングモール、レストラン、劇場、映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などと一体に…
コメント:0

続きを読むread more

浅川マキさんがつないだ縁

人と人の縁は不思議だ。 「こんな風に過ぎていくのなら いつかまた どこかで誰かに出会うだろう」と浅川マキさんの歌にあるが、金沢でも不思議な出会いがあった。      打ち上げで私が元N社だと知って話しかけて来た男性が「伊藤の弟です」と言う。 伊藤が何人もいたから「伊藤達ちゃん」と呼ばれていたのがその伊藤さん。達ちゃんは創刊時…
コメント:0

続きを読むread more

浅川マキ没後10年メモリアル・コンサート「ロング・グッド・バイ」第二部

 第二部は加藤登紀子の「赤い橋」からスタート。お登紀さんの凄さを垣間見たのは二曲目の「あたしのブギウギ」。 マキさんから「カバーはやめて」と言われていたことからお登紀さんがマキさんの歌を歌うのは初めてという。「あたしのブギウギ」はマキ独特のフェイクが入っていて実は難易度が高いのだ。譜割り通り歌ってもズレるし、遅れる。リハの時に何度…
コメント:0

続きを読むread more

浅川マキ没後10年メモリアル・コンサート「ロング・グッド・バイ」その1

 12時50分金沢市着。東横インに荷物を預け、近くを散策。北國新聞社はすぐ隣り。  神社にお参りし、近くの店で海鮮丼。1800円。旅先でなければ食べられない料金。 13時50分、赤羽ホールへ。  リハーサル中。一部の終わり。  休憩中に寺本さん、共同プロデュースの立川直樹さんに挨拶。    出演者のエリン・ファン・ダイク…
コメント:0

続きを読むread more

大間原発火災

工事中の大間原発で火事。春日神社の神様が「原発やめないと大変なことになるぞ」と言ってるのだ。神様の警鐘を聞いて原発中止にしなさい。 >大間原発は、世界で初めて全炉心にプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料を使用する。核兵器の原料にもなる余剰プルトニウムを抱えたくない日本にとり、まとまったプルトニウム消費が期待できる唯…
コメント:2

続きを読むread more

追悼 深水龍作

ミスタースリムカンパニー(MSC)の”親分”深水龍作さんが1月21日に急逝したことを今日初めて知った。享年76。  暮れにMSCの山本明子さんに「来年こそは龍作さんのライブに行きますね」と言ったばかりなのに。  ミスタースリムカンパニーを初めて観たのは1976年頃か。75年に東京キッドブラザーズを退団した深水三章が結成して、…
コメント:0

続きを読むread more

演劇ユニットunrato(アン・ラト)第5回公演「メアリー・ステュアート」

 仕事を終えて築地に。やよい麺を食べるため。地下鉄の出口が工事中で場所が変わっている。喫茶店はどこに行っても満席。本願寺の中の喫茶店で一休み。 14時、赤坂レッドシアターで演劇ユニットunrato(アン・ラト)第5回公演「メアリー・ステュアート」(作=ダーチャ・マライーニ、翻訳=望月紀子、演出=大河内直子)    王位継承を…
コメント:0

続きを読むread more

ここ掘れワンワン

ソラの缶詰を買うために、貯金箱からお金を出そうとしたら、入れたはずのお札が硬貨ケースの裏側に落ちたらしく、取り出せない。 あれこれ試したがダメ。ソラはなぜか貯金箱に向かって異常に「ワンワン」と吠えるし。 近所迷惑だから、ソラをなだめるため仕方なく貯金箱を半分こじ開けたら、何と裏側の隙間に落ちたお札が結構な枚数出て来たではない…
コメント:0

続きを読むread more