中止になった公演に損失補てんを

コロナ禍で中止になった劇団の損失は小さなユニットでも百数十万円から数百万円。もちろん億単位の損失を出したところもあるだろうけど、元々赤字か収支トントンのユニットや小さな劇団は自転車操業。劇場が閉鎖されて中止になったら稽古場代やスタッフ費用が丸々残る。
今回の損失を補填するためには次回公演も諦めなければいけないだろうし、演劇公演そのものが当分できなくなる場合もある。
台湾や韓国のように国が文化イベント中止に対する損失補填をするべきだろう。元々、日本の文化予算は少な過ぎる。今まで文化予算を蔑ろにしたのだから、今それを補填すべき。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント