墓の風習

田舎でも昔からの風習はどんどん消えていく。 古い墓石のそばにはよく草刈り鎌が三本組み合わされたものが立てられていた。 それは、人が亡くなり納骨されると、その家の親類縁者は七日間、夜になると墓に行き、墓の周りの空間を鎌で祓うのが風習だった。新しい霊に邪悪なものが寄らないように鎌で追い払うという風習だ。 中学の頃、親戚が亡…
コメント:0

続きを読むread more

風邪

「冬のサボテン」「ビニールの城」キャンセル。 風邪でのどが痛く全身倦怠感。まったく気力なし。
コメント:0

続きを読むread more