夕張

ホテルから葬儀場に移動しようとしたらタクシ―は「時間外」「予約でいっぱい」、バスは「通らない」というので、佐藤さんに迎えに来てもらう。片道15分ほど。

9時から告別式。昨日と同じくらいの参列者。住職の読経は時間もたっぷり。しっかりしたものだ。
斎場に移り骨揚げ。何度となく骨揚げは経験しているが、初めて自分の身に置き換えてしまった。幻視する自分の死。
斎場で35日の供養。
叔母の住んでいた住宅を見せてもらう。炭坑長屋から移り40年以上住んだ共同住宅。この春から新居に引っ越したばかりだった。
叔母の目に映った景色。

なんと紅葉が鮮やかなこと。


祭壇を設置し、叔母の作った手編みの靴下を形見にいただく。せっせと編んだ靴下などがダンボールいっぱい。「あとは送るだけ」になっていた。N子が形見分けで叔母の衣類を何点かもらってくれた。

 15時、車で空港へ。17時30分の羽田行き。みんなで札幌ラーメンを食べる。最後は慌ただしく搭乗手続き。
 叔母が亡くなった今、もしかしたらもう二度と従妹従弟たちと会うことはないのかもしれない。自分の寿命を考えても、叔母と最後に会ったのが父の亡くなる前だから15年前。これから15年は平均寿命を超えるかもしれない。
 
 できれば叔母の生きているうちに来たかった夕張。

 19時、帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント