梁塵日記

アクセスカウンタ

zoom RSS でんでん首相、今度は「そもそも首相」

<<   作成日時 : 2017/04/20 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 22時、睡魔に襲われベッドへ。24時過ぎに目が覚めたので眠剤を飲んで寝る。そのためか起きたのは朝10時。そのままベッドの中でウダウダする。

 どうも予定がない日は鬱々としてしまう。

 芝居の感想を書く気力もないが、午後になって力を振り絞って「ふくろう」の感想を書く。
 あとは、テレビで録画した懐ドラ「キイハンター」「プレイガール」などの重複録画を整理。この時間が一番気が休まる。

 2時過ぎに映画「団地 七つの大罪」を観る。浜美枝、草笛光子、八千草薫など女優陣も豪華な喜劇。
 1960年代の東京の風景は知らないはずなのに懐かしい。団地で起こる7つの事件をオムニバスで描く映画「団地 七つの大罪」オープニング。主人公は自分の部屋にたどり着けない。5000世帯。名前も似た人がいっぱい。1960年代、団地が新しい住居スタイルになりつつある時代。無個性なマス住居は庶民の憧れ。高度経済成長で総中流時代。洗濯機、冷蔵庫、ピアノ、保険…張り合うお隣さん同士。
色々あっても今の時代よりはみんな幸せそう。

 ヤフオクで落札したVHS「大幹部 ケリをつけろ」が届いたので、ダビング。見たのは夜。
 この時代の渡哲也のシリーズものはいい。大原麗子は東映からゲスト出演。范文雀も若々しい。

 文科省が「部長級以上のOBに先輩証発行していた」というニュースにひっくり返る。「先輩証」!!
構内自由に入れる権利があるのだとか。人斬り五郎が二谷英明を「先輩」と慕っていた。東映ヤクザ映画では「先輩」ではなく「兄貴」だ。東映流にいえば「兄貴証」ってことか。
どっちにしても、こんな証明書作るのはアホなニッポン官僚だけ。

出た!!安倍首相以下自民党の常套句「そんなこと言ってないよ」

玉川「法律の本当の狙いはテロ対策ではないんじゃないか」
古川「テロなんて言ってませんよ、この法律だって」
玉川「え?みんなテロ等準備罪って言ってるじゃないですか」
古川「…名前はね」
 もう絶句するしかない。

 ◆今日のハイライト。

 山尾氏「総理の発言のブレがたくさんある。例えば『ぱらぱら発言』というのがある。1月26日の予算委員会でこうおっしゃった。『ぱらぱら集まって、今度やってやろうぜ、という話をしただけで、これはもう罪になるわけでありますが』。こうおっしゃっている。一方で、先日の決算行政監視委員会。『かつて政府が提出した法案における共謀罪においても、不当に処罰範囲が広がる危険があったとは考えていない』とおっしゃっている。どちらが正しいんですか?」

 首相「私が、最初に予算委員会で答弁をさせていただいたのは、当時、われわれは明確に罪を限ってはいなかったわけでございます。明示的に書いてはいなかったのでございまして、そういう私の発言を引用していたような、そういう印象を与えたのは事実でございます。そういう中において、今回は組織的犯罪集団に(限定した)、ということを明確にさせていただき、犯罪の対象を明確に絞った、ということでございます」

 山尾氏「総理は『ぱらぱら集まって、今度やってやろうぜ、という話をしただけで罪になる』と言い切っている。あまりにも言いつくろいが過ぎる。もう一つ。『ぱらぱら発言』に続いて『そもそも発言』というのがある。1月26日の予算委員会でのやりとりです。『今回のものは、そもそも犯罪をおかすことを目的としている集団でなければなりません』。その3週間後は、オウム真理教を例に出して『当初はこれは宗教法人として認められた団体でありましたが、まさに犯罪集団として一変したわけであります』。『そもそも発言』を前提とすれば、オウム真理教は『そもそも宗教法人』なので、対象外ですね? どちらが正しいんですか?」

 首相「『そもそも』という言葉の意味について、山尾委員は『はじめから』という理解しかないと思っておられるかもしれませんが、『そもそも』という意味には、これは、辞書で調べてみますと…」

 山尾氏「調べたんですね」

 首相「念のために調べてみたんです。念のために調べてみたわけでありますが(笑)、これは『基本的に』という意味もあるということも、ぜひ知っておいていただきたいと。これは多くの方々はすでにご承知の通りだと思いますが、山尾委員は、もしかしたら、それ、ご存じなかったかもしれませんが、これはまさに『基本的に』ということであります。つまり、『基本的に犯罪を目的とする集団であるか、ないか』が、対象となるかならないかの違いであって。これは当たり前のことでありまして」

 山尾氏「詭弁(きべん)を弄して必死にごまかすわけですけれども、今まさに、総理は笑っちゃいましたね、自分で。馬脚をあらわしたわけです。『調べてみました』と。もし本当に最初から『そもそもは基本的にという意味である』と分かってたなら、調べる必要はないんですね。総理、自分で笑っちゃってるじゃないですか?」

 首相「さきほど私が笑ったのは、私自身ではなくて、そういうことを聞かれたことについて、思わず苦笑してしまったわけでございまして。今、『失礼』というヤジがありましたが、まさに、今、私の笑いについて解説をされましたが、それが違うということを申し上げさせていただいたわけでございます」

 山尾氏「器が小さいんだよ!」
 
後日談がある。
この首相発言を検証した方のブログ記事。


 冒頭の朝日新聞デジタルの記事では、『広辞苑』『日本語大辞典』『大辞林』『日本国語大辞典』には「そもそも」を「基本的に」と説明しているものはないと書いています。それぞれの最新版に当たって確認しましたが、たしかにそのようです。


続けて、主要な中〜小型辞書も引いてみましたが、「そもそも」を「基本的に」と語釈しているものは見つけられませんでした。念のため列挙しますと、『大辞泉』『新潮国語辞典』『角川国語辞典』『旺文社国語辞典』『三省堂国語辞典』『岩波国語辞典』『講談社国語辞典』『新明解国語辞典』『角川新国語辞典』『新解国語辞典』『現代国語例解辞典』『新潮現代国語辞典』『三省堂現代新国語辞典』『福武国語辞典』『集英社国語辞典』『学研現代新国語辞典』『精選国語辞典』『角川必携国語辞典』『明鏡国語辞典』『類語大辞典』『小学館日本語新辞典』『ベネッセ表現・読解国語辞典』に当たっています。

ということは、古い辞書かもしれません。主だったところから、遡るように調べていきましょう。とりあえず、それぞれの最も新しい版を引いています。『学研国語大辞典』、『国語大辞典言泉』、『旺文社詳解国語辞典』、『広辞林』、『角川国語大辞典』、『大言海』、『明解国語辞典』、『辞海』、『大日本国語辞典』、どれも違います。戦前に突入してしまいました。『辞苑』、『新式辞典』、『言泉』にもありません。『日本国語大辞典』第2版における「基本的」の初出例は1926年となっています。『言泉』は1921〜29年の刊行ですから、これより遡っても出てきそうにありません。仮にあったとしても安倍首相が使っているものではないでしょう。

 安倍首相のいい加減さ、適当さをここまでけんしょうするとは。素晴らしい。

 

 
http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%8F%B8%E3%81%AB%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A5%B3%E5%84%AA-%E6%BC%94%E5%8A%87%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%AE%A4%E2%97%8E%E5%A4%A9%E4%BA%95%E6%A3%A7%E6%95%B7%E3%81%AE%E5%90%8D%E8%8F%AF%E3%83%BB%E6%96%B0%E9%AB%98%E3%81%91%E3%81%84%E5%AD%90%E4%BC%9D-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E4%BB%81/dp/4309272169/ref=gfix-ews-form

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
でんでん首相、今度は「そもそも首相」 梁塵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる