アクセスカウンタ

梁塵日記

プロフィール

ブログ名
梁塵日記
ブログ紹介
演劇、映画、音楽など日々の思いをつれづれに。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
劇団NLT「毒薬と老嬢」
 今日から早番。5時起床。6時30分出社。  スポーツと芸能コラム。  さすがに眠い。睡眠時間5時間。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/02 00:20
椿組「毒おんな」
 17時、下北沢。古書店の乱歩の少年探偵シリーズの前でメガネかけた賢そうな小学4年くらいの女の子が母親(推定40歳)に、「これ読みたい」とねだっていた。母親は「私も子供の時に読んだわよ。白髪鬼がよかった。でも、学校の図書館にあるでしょ、借りて読みなさい」と一蹴。 後を振り返りながら、名残り惜しそうな女の子。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/02 00:16
未唯mie「60th Birth Celebration」
1830 、目黒のブルース・アレイ・ジャパンでピンクレディーの未唯mieちゃんの「60th Birth Celebration」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 09:03
白井圭太「杉村春子賞」受賞記念会
 仕事を終えていったん帰宅。喫茶店で時間を潰すより家にいた方がいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/28 09:07
文学座創立80周年記念公演「『真実』〜嘘×嘘=真実?〜」
 14時、池袋・東京芸術劇場シアターウエストで文学座創立80周年記念公演「『真実』〜嘘×嘘=真実?〜」(作=フロリアン・ゼレール、訳=鵜山仁、演出=西川信廣)   <今日の名セリフ> 「もし人類が今日ただ今をもってお互いに嘘をつくのをやめたら、地球上には夫婦が一組もいなくなる。ある意味で、それは文明の終わりだろう」(ミシェル)    フランス喜劇らしいエスプリの効いた傑作。翻訳が鵜山仁ということで、非常にこなれた日本語訳になっている。翻訳ものに時としてある「違和感」がない。  今回は... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/26 09:15
「二等兵物語」
 衛星劇場で録画した1955年公開の映画「二等兵物語 女と兵隊・蚤と兵隊」を見る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/25 09:19
劇団民藝「神と人とのあいだ」
劇団民藝「神と人とのあいだ」(作=木下順二)。第一部「審判」、(演出=兒玉庸策)、第二部「夏・南方のローマンス」(演出=丹野郁弓)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/24 09:09
B−Floor Theatre「San Dan Ka」
 いったん帰宅して出張所で印鑑証明と戸籍抄本。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/22 09:12
ワンダーウーマン
 睡眠確認アプリを試したが、使い方がわからず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 20:19
オフィスコットーネ「夜、ナク、鳥」
 昨夜からのどの痛み。睡眠も浅く、のどの痛みと格闘。夜中はだいぶ痛かったが、朝になったら少し痛みはひくも、なんとなく熱っぽいので、会社を2時で上がり、近所のクリニックで検査。幸いインフルっではなかった。ホッと一安心。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 00:05
荒神
 9時起床。同じ夢をぐるぐる見ていた。  起きて、昨夜放送した「荒神」(宮部みゆき原作)を見るが途中で早送りしてしまう。 VFXはすごいとは思うが、ドラマが陳腐。画面がクリアなだけ、その陳腐さが目立つ。辛うじて名僧役の品川徹さんが出てきた場面が締まるので、そこからまた平常再生。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 21:47
鰻重
 家人の誕生日。タクシーで鰻屋さんに行って奮発。特上鰻重4500円。 帰宅し、夕方、理髪店へ。  18時、寒風の中、帰る途中、商店街のスピーカーから思いもよらない歌が流れて来た。 なぜ商店街が?と周りを見回してしまった。岡林信康の「今日をこえて」。一瞬、60年代にタイムスリップ。歌と状況のミスマッチ。次に流れたのが甲斐バンドの「裏切りの街角」。 選曲した商店街の人の世代がわかる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/17 21:41
劇団東演「臨時病室」
 小泉今日子インタビュー第二弾掲載。評判も上々。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/16 21:37
劇団スタジオライフ「DRACULA〜The Point of No Return〜」
 KK掲載。  まずはホッと一息。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/15 21:31
馬跳び
 稽古の合間に原稿チェックしているとのことで、なかなか返信がこないので、19時まで待機。写真のチェックも18時過ぎ。割りつけも自分でやることに。人に任せるわけにはいかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/14 21:20
BLOODY POETRY
 昨日の取材が明後日、その翌日の二日間の掲載が決定。  ルーティンワークを終えて午後から文字書き起こしを原稿に。16時過ぎまでに一通りアウトラインを作る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 21:13
なんてたってアイドル
 12時30分、吉祥寺。どうにも落ち着かないので早めに来てしまう。吉祥寺シアターの喫茶店でお茶。O川さんと13時30分に待ち合わせ。14時、BEでKKの取材。一人で車で稽古場に通っているとのことでマネジャーもなし。 気さくなKK。約1時間の取材。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/12 20:39
ブルークリスマス
 明日の取材のために本を読んだり、ネットで調べたり下調べ。前もってこんなに準備をするのは初めて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 08:14
G3s(グッドフェローズ)プロデュース「ぱんぴー」
13時10分、赤坂。青森のアンテナショップで買い物。ブルー紅茶、ジャムなど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/10 17:33
トム・プロジェクト「Sing a Song」
 19時、本多劇場でトム・プロジェクト「Sing a Song」(作=古川健、演出=日澤雄介) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/09 16:16
滝田ゆう展
16時30分。根津・弥生美術館で滝田ゆう展を見る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/09 08:07
鵺的トライアルvol.2 『天はすべて許し給う』
 高橋由美子の原稿が好評。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 08:10
SPACE U「ショウジさんの息子」
目白の古民家ギャラリー「ゆうど」でSPACE U「ショウジさんの息子」(作=畑澤聖悟、演出=大島宇三郎) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/07 08:09
発掘された新資料
 昨夜、M山さんが送ってくれたた画像を見る。 寺山修司が内田A雄氏に宛てた手紙。寺山修司専用の原稿用紙に書いたもの。内田氏は1966年に寺山修司が脚本を書いたテレビドラマ「怒濤日本史(史劇にっぽん) 楠木正成」編(毎日放送)に出ている。その頃の書簡かと思ったが、もっと前のようだ。内田氏は宮澤賢治研究家としても知られる。同じ、宮沢賢治研究家の杉田E生氏が保管していたものという。これは貴重な資料だ。胸が躍る。  10時出社。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 22:59
Pantaさんバースデー・ライブ
 10時出社。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/05 23:14
青蛾館「男装音楽劇 宝島」
今朝の夢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 18:09
「2030世界漂流」/ON7「かさぶた」
今朝の夢。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 23:31
エンゲル係数
国会で、民進・小川議員が質問。 「安倍政権でエンゲル係数が上昇している」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 23:41
オフィス鹿プロデュース「おたまじゃくし」
19時、座・高円寺1でオフィス鹿プロデュース「おたまじゃくし」(作・演出=丸尾丸一郎)。    鹿殺しの本公演とは一味違うのがオフィス鹿の作品。奥菜恵主演の「親愛ならざる者へ」、松岡充主演の「不届者」などの異色作がそう。    今回はD―BOYSの鈴木裕樹、宮崎秋人という人気俳優がダブル主演。    主人公・小森憲一(鈴木裕樹)は38歳。売れないパンクバンドのボーカルだ。彼は最近、精子の8割が不活発な「精子無力症」だとわかり、人知れず悩んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 23:34
iaku×小松台東「目頭を押さえた」
 19地30分、新宿御苑前、サンモールスタジオで、サンモールスタジオプレゼンツ、iaku×小松台東「目頭を押さえた」(作=横山拓也、演出=松本哲也)    iakuは2回観ているが、初めて見た作品「粛々と運針」が素晴らしい作品だっただけに、こまばアゴラ劇場で観た前作はちょっと肩透かし。  今回は、横山拓也(iaku)と松本哲也(小松台東)のコラボ。2012年に大阪で初演。2013年に東京と三重で再演した作品で、元は大阪弁だが、松本の出身地である宮崎弁に変更しての改定版再演。    舞台... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/30 00:24

続きを見る

トップへ

月別リンク

人気ブログランキングへ
梁塵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる