2020チルスとマンス

15時。シアター風姿花伝で表現者工房プロデュース『2020チルスとマンス』(作・演出=イ・サンウ、脚色=矢内文章)。  1986年、軍政下の韓国で大ヒットし、2年にわたる超ロングランで五万人以上の観客を集めたという小劇場作品。アトリエ・センターフォワードの矢内が2020年版として脚色し、オリジナル作品の作家・演出家であるイ・サンウ…
コメント:0

続きを読むread more