アイラス・アラキ・オルコック

1983年5月4日、地球に一つの彗星が最接近した。発見者の名前を取って「アイラス・アラキ・オルコック」と名づけられた。彗星は9日に猛スピードで地球を去った。 4日は寺山修司が亡くなった日。9日は葬儀の日だ。 この符合に気づいたのは世界中でおそらく私だけだろう。 寺山さんは「コメット・イケヤ」というラジオドラマを書き、イタリア賞…
コメント:0

続きを読むread more