超過死亡

 隠そうとしてもデータはウソをつかない。なぜ例年より4月の東京都の死者が7%から12%も多いのか。 それがコロナにより診察を受けられずに亡くなった人であると見てよいのでは。 東京都はコロナ死を過小に見積もっている。 >東京慈恵会医科大学の浦島充佳教授は「新型コロナによる死者数を過小評価している可能性は否めない」と指摘した…
コメント:0

続きを読むread more

60年代サスペンスドラマ

https://youtu.be/T6AoyeRwwD8 凄い凄い。こんな動画があったとは。リアルタイムで見た事があるのは、あひるヶ丘77、丸出ダメ夫、くれないお仙、プレイガール、新宿警察くらいかな。乱歩は最近見た。あとはまったく知らない。が、引きつける。 1960年代のドラマのなんとカッコイイこと。音楽(鏑木創や山下毅雄)…
コメント:0

続きを読むread more

すまけい「犀」

1986年に南青山スパイラルホールで上演された『犀』(作=ウジェーヌ・イヨネスコ、演出=木村光一)を観る。 87年に芸術劇場で放送されたもので、2009年に再放送された際にはカットされた部分が多いがこれはオリジナルに近い。 ベランジェ(すまけい)はカフェで友人のジャン(犬塚弘)と待ち合わせる。そこで、街を暴走する犀(サイ)を…
コメント:0

続きを読むread more

グレープフルーツジュースに注意

明け方目が覚めた。吐き気がして下痢。 まさか…と一瞬ドキッとしたが、熱もないし、お昼前には収まった。 何がいけなかったか? 夕食には、缶ビール二本、マグロの刺身、ワカメ、ナッツ、キムチ。 そういえば、夜中2時頃、目が覚めて喉が渇いたので冷蔵庫のグレープフルーツジュースをガブ飲みした。最近ハマっている1000mlで…
コメント:0

続きを読むread more

空気の底

新作映画「SKIN」。前パブ映画は20分の短編だけでも見応えあり。 手塚治虫のマンガにあったような気がするけど。 そうだ、「空気の底」の一編「ジョーを訪ねた男」だ。 ベトナム戦争で、黒人嫌いの白人兵士が爆弾で吹き飛ばされる。彼は心臓移植やさまざまな臓器移植で命が助かる。しかし、その心臓も皮膚も同僚で死んだ黒人兵士のものだった。…
コメント:0

続きを読むread more