黄昏の赫いきらめき

9時40分に仕事を終えて帰宅。駅の蕎麦屋でカツ丼+そば650円。 帰宅して映画「800万の死にざま」を見る。小説は読んだが映画の方はすっかり忘れていた。  捜査中のミスをきっかけにアルコール依存症になり、休職した元麻薬捜査官のマット・スカダー(ジェフ・ブリッジス)。あるパーティーでサニー(アレクサンドラ・ポール)という娼婦から助…
コメント:0

続きを読むread more

黄昏の赫いきらめき

<テレビドラマアーカイブス>  1989年放送、NHKドラマスペシャル「黄昏の赫いきらめき」(作=小野田勇、演出=清水満)  録画しただけで見ていなかったが31年ぶりのドラマは傑作名作だった。  主人公は亜細亜電器産業なる大企業に勤める日高(宇津井健)。同期の五十嵐(伊東四朗)が順調に出世街道を上り次期社長と目…
コメント:0

続きを読むread more

加藤義宗「審判」

<半券メモリアル> 加藤健一がこの作品を上演するために自ら加藤健一事務所を立ち上げたのが1980年。ひとり芝居「審判」。 2時間30分の長大なモノローグ。 第二次世界大戦の末期、地下室に閉じ込められた6人のロシア人将校。水も食料もない。監禁から60日後に救出されたのはルービンとヴァホフの2人だけ。ルービンは発狂…
コメント:0

続きを読むread more

800万の死にざま

映画「800万の死にざま」(1986年、ハル・アシュビー監督)を見る。ローレンス・ブロックの小説は読んだが映画の方はいつ見たのか、すっかり忘れていた。  捜査中のミスをきっかけにアルコール依存症になり、休職していた元麻薬捜査官のマット・スカダー(ジェフ・ブリッジス)。あるパーティーでサニー(アレクサンドラ・ポール)という娼婦から助…
コメント:0

続きを読むread more