ダーティー・ドール

4月3日の温泉ドラゴンゲネプロ以来、二カ月半ぶりの生の舞台。
始まる前からワクワク。久しぶりの高揚感。

舞台から波動が伝わってくる。時空感覚の共有。脳細胞に新鮮な空気が染み渡る。
これが生の舞台。演者は観客の波動を受けながら観客と感応、両者が舞台の共犯者となる。
 三作連続上演。
お目当ては石井くに子一人芝居「ダーティー・ドール」。反ファシズムの皮肉ピリリ。フラワーデモを体験し、原作の理解を深めた石井くに子。初演は恐る恐るの手探りだったが、今回は吹っ切れて女優として深化。自家薬籠中の物に。

観に来ていたカルメン・マキさんとは2月の金沢以来。フラワー・メグさんとは昨年10月の舞台以来か。

すぐに帰るつもりだったが、才目さん、渡辺修さん、七字さんらもいたので軽く一杯。
2日続けて御前様。これが日常だったのだ^_^_^

もちろん、コロナ対策忘れずに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント