原発プロパガンダ映画「フクシマ50」

事実誤認、意図的捻じ曲げ、原発プロパガンダの「フクシマ50」に次々と批判の声。
佐野史郎が「首相」を演じるというだけでこの映画がいかに民主党政権に悪意を持った映画かがよくわかる。
沖縄の良心、津嘉山正種さん、反骨の系譜、佐藤浩市など、こんな映画に利用されて忸怩たる思いだろう。
この映画に関しては怒りと憎しみしか持てない。了見が狭いと言われても結構。ダメなものはダメ、嫌いなものは嫌い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント