さすらい

 0800起床。昨夜は「ミステリーゾーン」(日本放映タイトル。原題:「トワイライトゾーン」)の中の「人形の家で」(minature)を見たのだった。実家から持ち帰ったベータテープに入っていた「人形の家で」はアメリカでも人気の高い作品とのこと。

 ロバート・デュバル扮する気弱なマザコン男が博物館にある昔のドールハウスの中の女性に恋をする。通い詰める男。ある日、その女性に災難が降りかかったことから男は思わず、博物館のガラスを叩き壊してしまい…。
 若き日のロバート・デュバルの吹き替えは野沢那智。大事にテープにとっておいたとこを見ると自分もこの物語が好きだったのだろう。
 吹き替えなしのオリジナルはユーチューブでもアップされている。http://www.youtube.com/watch?v=gD2-4CqR7cQ&feature=related
 
 午前中は洗濯物をコインランドリーで乾燥。何度も往復。午後は家人と散歩。家に戻り部屋掃除。
 昨日新宿のディスクユニオンで買った「昭和ガールズ歌謡 EMIミュージック・ジャパン編」をipodに。

 夕方、昔のベータをダビング。1982年に放送された「性的犯罪」。密室で起きた強姦未遂事件を描いたもので、風間杜夫と原田美枝子の絡みは今のテレビコードをはるかに逸脱している。1982年はこんなドラマがゴールデンで流れていたのか。今となればちょっとビックリ。演出は鶴橋康夫。

 
●ジャパンタイムズの記事によると、日本原子力学会は福島第一原発を核廃棄物の最終処分場にしようという提案を検討中。そこにある高レベル核廃棄物をそこに埋めるということ。「福島の市町村はまだこの提案を知らない
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20110526x2.html

 ※どうせ放射能まみれになったのだから、そこは放射性廃棄物の最終処理場にするしかないと考える人たちの「合理性」には恐怖するしかない。同じ人間とは思えない。


●「さすらい」というドラマを中学生の時に見た。天知茂が妹の死のナゾを追ううち、妹の勤めていた原発会社が実は政府が核武装を秘密裏に進めるための隠れ蓑になっていたというサスペンスだった。黒幕の右翼巨頭役は鈴木瑞穂。このドラマがもしかしたら自分の「反原発」の原点かもしれない。
  ◇テレビドラマデータベースにあった。1969年放送。TBS。おお、佐々木守の脚本だったのか!
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:LMvQc6XktrkJ:www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-11508+%25E3%2581%2595%25E3%2581%2599%25E3%2582%2589%25E3%2581%2584%25E3%2580%2580%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AC%25E3%2583%2593%25E3%2583%2589%25E3%2583%25A9%25E3%2583%259E%25E3%2580%2580%25E5%25A4%25A9%25E7%259F%25A5%25E8%258C%2582&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-a&source=www.google.co.jp



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

hoshiboo
2011年05月31日 07:53
廃棄物の捨て場所を作るために、原発を全国に乱立させて、どこかが吹っ飛ぶのを待っていたって話も、今なら有り得るなぁ~と思えますね。でなきゃ、なんでこんな地震列島にこんなに建てたのか説明がつかない。

いや、説明つく、つかない、どーでもいい。
とにかく狂ってるよ、この国は。
鮎川
2011年05月31日 09:56
もうじき「ゆでガエル」が唐揚げになるかも……。
放浪癖
2011年06月18日 13:24
原発のゴタゴタでわたしも「さすらい」が浮かびました。脱原発対原発維持の構図は意図的だと思います。原発維持でも、ウランやプルトニウムでなくても、劣化ウランやトリウムという道もある。ウランやプルトニウムに拘るならば「さすらい」と同じ意図と言われても仕方ない。
鮎川
2011年06月19日 21:40
「さすらい」をおぼえている人はほとんどいませんよね。
同世代だ(笑)

 ゴールデンタイムにあんな「危険なドラマ」が流れていたなんて、ああ、
60年代から70年代はなんとオモシロく過激で素敵な時代だったんだろう。
中島
2020年08月24日 12:46
こんにちは。
初めまして。都内在住の者です。
こちらの記事を検索で知り、読んでブックマークをしてから8年になりコメントをさせていただくのも初めてです。
何度もコメントをさせていただこうと思いながら不躾かと思い躊躇っておりました。
「すくぅらっぷ館」のBBSなども探しましたが、ご連絡先がコメント以外に見当たらずにこのようなコメントに至りました。

ぜひご相談したいことがございます。
記載のメールアドレス宛にご一報をいただけないでしょうか。
本当に恐縮ですがご検討いただければありがたく存じます。
何卒よろしくお願いいたします。
2020年09月06日 13:17
中島さま
コメント欄を見るのが遅くなりました。よろしければ上記のアドレスにメールをください。
2020年09月13日 07:29
アドレスが消えた?
2020年09月13日 07:31
jb29bw@bma.biglobe.ne.jp

この記事へのトラックバック