梁塵日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジオドラマ脚本講座

<<   作成日時 : 2017/06/24 21:29   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

一日ラジオドラマ三昧。

14時、荻窪へ。丸尾聡さん主宰の脚本講座の最終回。受講生が書いた脚本をブラッシュップ。西山水木さんら役者が朗読し、脚本家の伴一彦、高谷信之、演出家の保科義久、現役ディレクターのS氏が講評。
4作品約1時間。
伴一彦さんの的確な講評と「こうすれば…」というアドバイスが素晴らしい。

 例えば、田舎で畑仕事する老人のもとに、毎日書留が配達される。中身はない。そのうちハートマークが同封される。それを片道30分かけて運び続ける若い郵便配達員。元の話は単純に、「都会に住む息子がその差出人だった」という何の変哲もない話。聴いてる方は差出人が配達員だったというオチかと思ったりする。あまりにもヒネリのない作品を、伴さんは「認知症の父と息子の話にすると…」とさりげなくアドバイス。なるほど、配達員を息子だったと設定すればまったく別の展開になるし、深みが増す。さすがはプロ、と会場からどよめきが起きる。

 講評2時間余。ラジオドラマへの愛に満ちた3時間余りの充実。
終わった後、二次会、三次会で終電近くまで痛飲。保科さんは講評でも時間をオーバーするほどの情熱家。さらに二次会でも延々と講評の続き。その情熱。

 声と音だけですべてを表現するラジオドラマには無限の可能性がある。絶滅危惧寸前のラジオドラマにもっと光を。
http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%8F%B8%E3%81%AB%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A5%B3%E5%84%AA-%E6%BC%94%E5%8A%87%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%AE%A4%E2%97%8E%E5%A4%A9%E4%BA%95%E6%A3%A7%E6%95%B7%E3%81%AE%E5%90%8D%E8%8F%AF%E3%83%BB%E6%96%B0%E9%AB%98%E3%81%91%E3%81%84%E5%AD%90%E4%BC%9D-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E4%BB%81/dp/4309272169/ref=gfix-ews-form

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
ラジオドラマ脚本講座 梁塵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる