梁塵日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 森田童子ナイト

<<   作成日時 : 2017/04/07 02:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

「髑髏城の七人」の後は、ネイキッド・ロフトで行われた「森田童子ナイト〜ぼくが愛してしまった時代よ〜」へ。
出席はロフトの席亭・平野悠、高取英、FBで森田童子のファングループを作っている2人の方。
高取さんは83年の「少年極光都市」で森田童子から曲の提供を受けている。「蒼い病院」(作詞=高取英、作曲=森田童子)、「葬送歌」(作詞=高取英+森田童子、作曲=森田童子)、「病室は七色の」(作詞=高取英+森田童子、作曲=森田童子)の3曲。寺山修司とも交流があった。
 寺山さんが亡くなった時、朝日新聞のコラムにこう書いている。

天井桟敷の人々(5.11)

 天井桟敷のけいこ場に、寺山修司さんの棺(ひつぎ)が帰って来るのを、劇団の人たが待っている様子がテレビの画面に映し出された。地面に座り込んでしまっている人、腕組みして茫然(ぼうぜん)と立ちつくしている人、後ろにひときわ背の高いシーザーがうつむいていた。

 私が天井桟敷のシーザーに編曲をお願いしたのは7年前。その折、「音楽の仕事を、どうしてもっとたくさんやらないの?」と言った私の愚問に、「僕は、天井桟敷が好きで、あまりほかの仕事をしたいと思わないんだ」と言った意味の言葉が返ってきたことを覚えています。その後私は、天井桟敷の田中未知さん、岸田理生さん、昭和精吾さん、高取英さんを知りました。みんなどこか寺山さんによく似た、寺山さんの分身のような人たちです。そして、最も詩人寺山さんを愛していた人たちなのです。私は、ふとここでバイエルン国王二世ルードウィヒとワーグナーを思います。寺山さんのすべての作品に音楽をつけていたシーザーは、これからはだれのために音楽を創(つく)るのだろう、役者はだれのために演じるのだろう、美術家はだれのために舞台を飾るのだろうか。

 寺山修司さんが「時には母のない子のように黙って海を見つめていたい」とうたったように、天井桟敷の人々は、みんな同じ海を見てきてしまった人たちなのだからーー。


 83年に活動を休止したまま、姿を消した森田童子。「高校教師」(1993年)の主題歌「僕たちの失敗」が思いがけない大ヒットとなったが、本人は表舞台に出ることはなく、完璧に姿を消した。その潔さ。

 75年にラジオで「さよならぼくのともだち」を聴いてすぐに1stアルバム「グッド・バイ」を買った。全共闘世代の挫折を歌った歌は大森一樹や高橋伴明ら同世代に支持された。
 無惨な青春と死。失われた時代への哀切と郷愁。
「歴史をかえてゆくのは革命的実践者たちの側ではなく、むしろくやしさに唇をかんでいる行為者たちの側にある」と寺山修司は言った。森田童子もまた悔しさに唇を噛んでいる行為者ではなかったか。
 一時、その歌に没頭し、ライブにも行った。新宿ルイード、前進座公演、黒テント公演。
 しかし、過剰ともいえるセンチメンタリズムや甘ったるい旋律に、次第に興味は薄れてしまった。当時、勃興した山下達郎、大瀧詠一、伊藤銀次らのサウンドに興味が移行したこともある。
 だから買ったアルバムは最初のだけ。

 それでも、森田童子はいつまでも忘れられない人だった。
 93年に高取さんを通して取材の打診をしたが断られた。「表に出るつもりはない」と。その半年後に「高校教師」が放送され、再び脚光を浴びることになった。
 今考えると、取材の申し込みをした時点で「高校教師」主題歌の話は決まっていたに違いない。
 しかし、その後も一切取材を受けないまま、森田童子は今まで来た。
 なんという潔さ。
 彼女の歌の意味を考えれば、それは当然のことだろう。
 哀切極まる青春の痛みを歌った森田童子はその青春の終わりと同時に消え去るべきなのだ。
 そうでなければ彼女の歌った歌はすべて嘘になる。

 ファンの集めたレア音源や映像を見たが、どうも自分にはそこまでのめり込めないんだな。気恥かしさが先に立つから。
  一方で、今現在の森田童子に会ってみたい気もするのもホント。それは初恋の人に会いたいと思うのと同じで、思いはそのまま封印したほうがいいという気もする。
 ただ、彼女なら今でも国会前抗議に一人の市民として参加してる気もするのだが。さて。

 客席には友利、新大久保ら。19時半から始まって22時半まで。長い。
 終わった後、高取さんと控室で雑談。白永さんと三人で「ブラ」へ。一杯飲んだだけで終電帰宅。
http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%8F%B8%E3%81%AB%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A5%B3%E5%84%AA-%E6%BC%94%E5%8A%87%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%AE%A4%E2%97%8E%E5%A4%A9%E4%BA%95%E6%A3%A7%E6%95%B7%E3%81%AE%E5%90%8D%E8%8F%AF%E3%83%BB%E6%96%B0%E9%AB%98%E3%81%91%E3%81%84%E5%AD%90%E4%BC%9D-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E4%BB%81/dp/4309272169/ref=gfix-ews-form

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
森田童子ナイト 参加ありがとうございました 森田童子の世界 管理人として出席いたしました鈴木幾代です
終わった後 控え室へ行った際に 高取さん 白永さんとご一緒にいらした方ですか?
ご挨拶もせず大変失礼いたしました
高取さんのトーク 白永さんの朗読
そして 平野さんのトークと 内容が濃いものとなりました‥‥‥‥
とてもよいイベントとなりました
ブログをアップしていただきとても嬉しいです ありがとうございました!❤
ままちゃん
2017/05/19 16:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
森田童子ナイト 梁塵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる