梁塵日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「フェードル」「芝居のガイについて」

<<   作成日時 : 2017/04/26 00:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

13時、シアターコクーンで大竹しのぶの「フェードル」。重厚長大な悲劇を堪能。平岳大は父に似てきた。
楽屋に行ってジェイクリップ所属の谷田歩さんにご挨拶。「下町ロケット」で人気の出た俳優さん。劇団aunのメンバーでもある。見上げるような長身。次回も栗山民也演出作品に出るとか。
その後、半年ごとの定期検査で原宿の医院へ。きょうは1時間ほどで薬が出た。いつもは2〜3時間かかるのに。

 コクーン帰りに本屋で延江浩著「愛国とノーサイド」(講談社)を買い、病院の待合室でニ分の一読了。副題が「松任谷家と頭山家」。頭山家とは右翼の巨魁・頭山満のこと。 松任谷由実の夫・正隆はその頭山家の家系に連なる。ユーミンは妻だから直接の血縁関係はない。ユーミンとPANTAさんは遠い縁戚関係だから、頭山満とPANTAのつながりがあったなら面白い。

 頭山家と松任谷家の歴史をたどりながら、戦後史を語っていく。というか、60〜70年代の日本のポップカルチャーが通奏低音。資料を駆使しての文化史網羅の感。面白いのだけど、引用が「なぜ?」という部分も。

 例えば、唐十郎と寺山修司の乱闘事件について、数多ある資料を引用せず、俳優のK村政信が状況劇場の役者から聞いたという「又聞き」を「史実」として書いている。えーーー?そんなのあり?
あり得ないでしょ。現場を見た役者の証言なら、多少思い違いはあっても「証言」にはなる。だけど、k村氏はずっと後の役者。当時を知るよしもない。しかも、「又聞き」。こんなこと書かれたらK村氏も迷惑じゃない?
しかも、事実誤認。これでは他の記述も信頼性を疑ってしまう。せめて、こんなところこそ、著作物の引用するべきだろ。唐十郎と寺山修司に関しては腐るほど文献があるのだから。


19時、阿佐谷。ザムザ阿佐谷で松木良方引退記念「芝居のガイについて」。
 終演後、森島さん、小林あやさんと打ち上げへ。
 帰宅は深夜。
http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%8F%B8%E3%81%AB%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A5%B3%E5%84%AA-%E6%BC%94%E5%8A%87%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%AE%A4%E2%97%8E%E5%A4%A9%E4%BA%95%E6%A3%A7%E6%95%B7%E3%81%AE%E5%90%8D%E8%8F%AF%E3%83%BB%E6%96%B0%E9%AB%98%E3%81%91%E3%81%84%E5%AD%90%E4%BC%9D-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E4%BB%81/dp/4309272169/ref=gfix-ews-form

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
「フェードル」「芝居のガイについて」 梁塵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる