梁塵日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 衣笠貞之助「女優」

<<   作成日時 : 2017/03/23 14:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 予定なし。朝はソラの散歩。
 午前中、映画を観る。
衣笠貞之助の「女優」。1947年の作品。松井須磨子と島村抱月の恋愛事件を題材にした作品で山田五十鈴の出世作。共同脚本は衣笠と久板栄二郎。
とてつもない傑作だ。山田五十鈴はこの作品によって自己変革を遂げたという。劇中劇の人形の家の主人公ノラと同じだ。
1950年、レッドパージの嵐が吹きまくったころ、新劇俳優・加藤嘉と結婚した山田は世間から“アカくなった”といわれた。そのとき、彼女はハッキリと言い切った。
「貧乏を憎み、誰でもまじめに働きさえすれば幸福になれる世の中を願うことがアカだというのなら、私は生まれたときからアカもアカ、目がさめるような真紅です」
島村抱月は土方与志。
文芸協会からの独立、芸術座旗揚げ、抱月亡き後の劇団内の対立、自立する意志…。松井須磨子像がくっきり。
 名画と呼ばれる映画はやはり見ておかなければ。1947年。今の映画よりはるかに映画らしい。すごい映画を作っていたんだな、昔は。
それに明治・大正時代のインテリはほんまもんや。原書で読んでいたし。
安倍、麻生なんてのは日本語もまともに読めないんだから、100年前より劣化してる。

 午後、籠池証人喚問。大した話は出ないだろうと期待しなかったが、あにはからん、籠池のハラの座った答弁で自民、公明、維新があたふた。これは久々の見ものだった。質問者では枝野の理詰めの質問が出色。この中継を見た国民ははっきり安倍昭恵の関与を認めただろう。

 就寝は午前二時。
http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%8F%B8%E3%81%AB%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A5%B3%E5%84%AA-%E6%BC%94%E5%8A%87%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%AE%A4%E2%97%8E%E5%A4%A9%E4%BA%95%E6%A3%A7%E6%95%B7%E3%81%AE%E5%90%8D%E8%8F%AF%E3%83%BB%E6%96%B0%E9%AB%98%E3%81%91%E3%81%84%E5%AD%90%E4%BC%9D-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E4%BB%81/dp/4309272169/ref=gfix-ews-form

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
衣笠貞之助「女優」 梁塵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる