梁塵日記

アクセスカウンタ

zoom RSS まぼろしの官能女優

<<   作成日時 : 2009/04/03 23:29   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
公園の桜の下に敷き詰められた青色のシート。もはや春の季語?もっとも、川沿いに並ぶ青いシートは通年化してる。…と思って隅田川沿いを歩くとシートマンションが消えてる。ここだけか?

1700、三軒茶屋でN高さんと待ち合わせ。2000までお話。その後、阿佐ヶ谷へ。ラピュタ阿佐ヶ谷で開催中のレイトショー「60年代まぼろしの官能女優たち」、今日は若松孝二監督・新高恵子主演の「歪んだ関係」。二人が組んだのはこの一本だけ。帰りが遅くなるレイトショーはなかなか観ることができないが、この機会を逃すといつになるかわからないから…。

いわゆるピンク映画と呼ばれるジャンルではあるが、今観ると性表現は実におとなしい。バストトップが見えただけで映倫アウト、ヌードなども後ろ姿がわずかに映るだけ。今のテレビの昼ドラの方がはるかに破廉恥で浅ましい。
もっとも見せない分、淫靡なのかもしれないが。
「歪んだ関係」は医師の妻の殺人事件をめぐって、夫、看護婦(新高恵子)、妻の火遊び相手の学生などの人間模様をサスペンスフルに描いたもの。モノクロ画面から立ち上がる濃密な心理描写が素晴らしい。よくできた推理小説を読んだような充足感。俳優も皆演技が達者。

ピンク映画と聞いて安上がりでチープな映画かと思っていたが大間違い。堂々たる映像美。これが1965年の作品とは。

44年前の新高さん、当然ながら、みずみずしくも艶麗。寺山さんもこの映画を見たんだろうなぁ。

ピンク映画に出たということで偏見にさらされてきたという新高さん。「恥じることはまったくなかった」と言うがその通りだ。2216終映。家路に。
http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%BA%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E5%8F%B8%E3%81%AB%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A5%B3%E5%84%AA-%E6%BC%94%E5%8A%87%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%AE%A4%E2%97%8E%E5%A4%A9%E4%BA%95%E6%A3%A7%E6%95%B7%E3%81%AE%E5%90%8D%E8%8F%AF%E3%83%BB%E6%96%B0%E9%AB%98%E3%81%91%E3%81%84%E5%AD%90%E4%BC%9D-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E5%8B%9D%E4%BB%81/dp/4309272169/ref=gfix-ews-form

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
まぼろしの官能女優 梁塵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる